質問・確認

韓国語で『いくらだった?』のご紹介です。

2019-10-23

いくらだった?

韓国語で『いくらだった?』はこう言いますっ。

今回は、韓国語を勉強する上で出会わずにはいられない『いくらですか?』の過去形バージョンをメインに進めていきたいと思います!(๑•̀ ω•́ゞ

まず本題に突入する前に、定番の『いくらですか?』をご紹介します。

いくらですか?

マエヨ?

얼마예요?

      発音チェック

韓国語の参考書の初めの何ページ目かに必ず登場する定番の言葉ですよね!

僕も韓国語を勉強し始めた当初、かなり早い段階でこの言葉をインプットしました。

っと、しかしながら、いくらですか? は紹介されていても、『いくらだった?』『いくらでしたか?』に関しては目にしたことがありません。

過去形の活用を覚えたら、あとは自分で色々と過去形にしてしまってくださいねー、っと、きっと……、そういうことなのでしょうね。(^_^;)

過去形を学ぶ前に過去形を使いたいっ! それでも全然OKだと思います。

後から文法を学んで『あぁ~、そういうことかぁ~』という後知りパターンでも、文法を通らず必要な言葉だけを覚えていくパターンでも実際どちらでもOKだと思います。

自分のその時その時の状況、環境に合わせて、一番相応しい覚え方をするのが大切なのかなぁと、僕はそう思っています。

ということで、ここで定番の『オマエヨ?』の過去形をご紹介したいと思います。

いくらでしたか?

マヨッソヨ?

얼마였어요?

      発音チェック

いかがでしょうか?

相手になにか買物を頼んだ時や、相手が自分好みのお洒落な服を着ていた時などの値段確認に使えると思います。

そして、↑ この言葉のタメ口(パンマル)にすると、

いくらだった?

マヨッソ?

얼마였어?

      発音チェック

相手に金額を尋ねる場合、大体が目上の人ではなく、友人や同僚など身近な人たちですよね?

なので、先に挙げた『いくらでしたか?』よりもこちらの『いくらだった?』の方が使う機会が多いように思います。

今が値段の聞き時だっ!

っというタイミングに遭遇しましたら、ぜひぜひサックリサクッと使ってみてください~♪

韓国語で『いくら?』のご紹介です!

韓国語の参考書は基本丁寧語が使われているので、タメ口(パンマル)は数えるくらいしか掲載されていません。タメ口(パンマル)を覚えたいのならば、日常で使われている韓国語的な参考書を選ぶ必要がありますが、それでもそこに自分の知りたいことが掲載されているとは限らないでしょう。

なので!

ここで『いくらですか?』のタメ口(パンマル)をご紹介します!(`・ω・´)ゞ

いくら?

マ?

얼마?

      発音チェック

なんだか大袈裟に語ってしまいましたが、いくら? は、いくらですか? から、ですか? を取り除いただけですね。(^_^;)

マエヨ?

얼마예요?

を分解すると、

 エヨ?

얼마 예요?

いくら ですか?

となります。

なので、ですか? にあたる『エヨ』を取ってしまうと、『いくら?』になります。

そして1つ、この『いくら?』を使った言葉もご紹介します。

いくらで買った?

マエ サッソ?

얼마에 샀어?

      発音チェック

↑ この言葉も友達との間などで結構使えるのではないかなぁと思います。

友達が脱がしてしまいたいと思うほどお洒落なシャツを着ていたり、キラッキラのゴールドの靴を履いているのを目にした際にはぜひこの言葉を使ってみてください。

っということで、今回は『いくらだった?』『いくら?』の韓国語バージョンのご紹介でしたぁっ!



sponsor link

-質問・確認

Copyright© これでOK!韓国語 , 2019 All Rights Reserved.