不満

韓国語で『小言ばかり』のご紹介です~。

投稿日:

小言ばっかり

韓国語で『小言ばかり』はこう言います。

今日も妻からこんなカカオが届きました……。

『なんで臭い靴下が転がってるの……』

洗濯カゴに入れたはずだけど、上手く入らなかったのか……。理由はまったく不明。なので、そのとおりの返事を。

すると、

『いつもいつも、どうしてこんなことするかな』

『前にもあったよね? その時も同じこと言ったよね?』

『どうすればこんなことになるの? もう本当に!?』

と、小言のラッシュ……。

結果、洗濯物はきちんとカゴの中へ、ということ。

わかった、わかった。と適当にかわしたいところだけれど、その適当さが妻の怒りを大爆発させるかもしれないので、

ミアネ。ネガチャルモッテソ

※ごめん。俺が悪かったよ

と、小言ラッシュに負けない謝罪ラッシュでなんとかやり過ごしました(^_^;)。

ええ。これが、僕と妻の日常です……、はい。

今回ご紹介する言葉は、そんなグチグチ飛んでくる妻の小言に僕がいつも思っていることです。

小言ばかり

ヂャンソリ マン

잔소리 만

いかがでしょうか? これが僕の心の声ですっ!

あぁぁ、もう、小言ばっかり!

僕は事あるごとに心の中でこう叫び、フガフガフガフガしていますっ!

……ですが、もちろん妻の前ではフガフガに蓋をし、ペコペコと謝罪をしています。はい……。コンチョガ(恐妻家)なので、これが僕の基本スタイルです。悲しいけれど、これが僕の生きる道、……です。

 

 

韓国語で『いつも小言ばかり』はこう言います。

僕は大体毎日なにかしらをやらかし、妻からの小言ラッシュを受けているので、時には心の中でこう叫ぶときもあります。

いつも小言ばかり

オンジェナ ヂャンソリ マン

언제나 잔소리 만

いかがでしょうか? 意外とこっちの言葉なら結構使えるという方もいらっしゃると思います。

『いつも』言われるからこそ、『小言ばかり』とついつ不満の言葉が口から漏れてしまうんですよね。

この世界には僕ほど小言を言われている男性はそう多くはないと思いますが、僕並み、または僕以上に小言ラッシュを受けている方はこの言葉を心の中で叫べば、少しは気持ちが楽になるかもしれませんね。

っと、ちなみにですが、

いつも=オンジェナ(언제나)

小言=ヂャンソリ(잔소리)

です。

使える機会は結構限られてしまうかもしれませんが、使える機会が訪れましたらサラッと使ってみてください。

あっ。声に出すと、相手の小言が怒りのダイナマイトとなって飛んでくる可能性がありますので、まずは心の中での呟きからはじめることをおすすめします。

っということで、今回は『小言ばかり』『いつも小言ばかり』の韓国語バージョンのご紹介でしたぁ♪

-不満

Copyright© これでOK!韓国語 , 2019 All Rights Reserved.