韓国語文法

韓国語文法「~より~」比較の表現の作り方と使い方

2022-01-26

今回は文法「~より~」=「~ポダ(보다)~」について解説します。
「AよりBである」といった比較の表現は日常生活においてもよく使われますよね。
とてもシンプルですぐに活用できる文法ですので、ぜひこの機会にマスターして頂けたらと思います。

※更新状況はTwitter(ok_kankokugo)にてお知らせしています※

「~より~」=「~보다~」の使い方

韓国語で「~より~」は「~ポダ(보다)~」です。
出だしの「~」の部分は名詞が入りますので、「名詞+ポダ(보다)~」となります。
動詞「見る」の「ポダ(보다)」に関係あるように思えますが、まったく別の同音異義語の助詞です。

~より~

名詞+보다~

~ポダ(보다)=~より ですので、
・~よりも=~ポダド(보다도)※~も=ド(도)※
・~よりは=~ポダヌン(보다는)※~は=ヌン(는)、ウン(은)※

となります。

~よりも~

名詞+보다도~

~よりは~

名詞+보다는 ~

パッチムの有り無しによる影響をはじめ、特別変化が必要となる部分はありませんので、上記の表現をそのまま用いることができます。
また、出だしの名詞を省けば「より~」という使い方もできますので、こちらも必要に応じて活用して頂けたらと思います。

ポイント

日本語の場合、「~より~の方が~」という使い方をしますが、韓国語の場合は「~の方が」という表現をしません。
僕より君(の方)が似合うナポダ ニガ オウリョ(나보다 니가 어울려)
このように「~の方」という表現は省かれますので、訳す場合は必要に応じて「~の方」を加えてみてください。

~より~が好き ~より~が良い

「ポダ(보다)」を使った表現の中でもよく使われるのが「~より~が好き」という表現です。

~より~が好き

名詞+보다+名詞+를(을)좋아하다
※直前の名詞にパッチムがない場合は「ル(를)」を、直前の名詞にパッチムがある場合は「ウ(을)」を用います ※

韓国語の場合、「~が好き」ではなく「~を好き」と表現しますので、助詞は「」=「를(」を使います。

「好き」ではなく「良い」と表現したい場合は、「チョアハダ(좋아하다)」ではなく、「チョッタ(좋다)」にて対応します。

~がいい

名詞+보다+名詞+가(이) 좋다

~がいい」は「~が好き」の場合とは違い、使う助詞は日本語同様「」=「가(이)」となります。
どちらの表現も人だけではなく、食べ物や音楽などどんな物に対してでも使えますので、自己紹介等の自身のアピールにも活用してみてください。

~よりもっと~ ~より少し~

AよりBの方が優れている、勝っていることを強調するために「もっと」=「ト(더)」が加えられる場合も多くあります。

~よりもっと~

名詞+보다 더~

日本語でもよく使われている表現ですよね?

AよりBが少し優れている、勝っていることを表現するには間に「少し」=「チョグ(조금)」を加えて使います。

~より少し~

名詞+보다 조금~

この表現も日常生活の様々な場面で中でよく使われていますので、ぜひ様々な場面で活用してみてください。

「~より~」を使った例

より彼女が好きなの?

ポダ クニョル ト チョアへ?

보다 그녀를 더 좋아해?

      発音チェック

よりも愛してる

ヌグポダド サランへ

누구보다도 사랑해

      発音チェック

辛ラーメンよりは辛くない

シンラミョン ポダヌンチ アナ

신라면 보다는 맵지 않아

      発音チェック

年齢よりもっと若く見えます

ナイ ポダ ト チョモ ポヨヨ

나이 보다 더 젊어 보여요

      発音チェック

まとめ

~より~=名詞+보다~

普段の生活において使いどころの多い比較の文法です。
使い方に関しても必要となる変化等は一切ありませんので、様々な場面で活用して頂けたらと思います。

sponsor link

-韓国語文法
-