悲しみ・不安

韓国語で『泣きそう…』『泣きたい…』のご紹介!

2019-04-12

泣きそう

 

悲しい時にはこの言葉。韓国語で『泣きそう……』のご紹介

涙が……、こぼれそう。

そんな時もありますよね?

ええ。僕もあります。なんだかんだと上手くいかない時って、どれだけ頑張ってみても空回りにしかならなくて……。

あぁ。涙が……。

今回はそんな時に使える言葉をご紹介します。

それではこちらになります ↓ ↓

泣きそう

コカッタ

울 것같아

ちなみに涙が出そうは……、

涙出そう

ヌンムコカッタ

눈물 날 것같아

と、なります。

使いやすいのはやっぱり泣きそうの方ですね。涙出そうは花粉が酷い時か、足の小指をドアの角にぶつけてしまった時くらいしか使えないかもしれませんね。

今、こうしてブログを書いていて、「ウコカッタ」とつい呟いてしまったら……、目の前でなにやら爪の手入れをしている妻に、

泣かそうか

と言われてしまいました。

これ以上無駄に絡まれたくはないので、ここから独り言は無しで書き進めていきたいと思います。

えぇ。ご紹介した言葉の中からですが、泣くダ(울다)で、ヌンム(눈물)です。

ダに関してはそうそう使う機会はないと思いますが、ヌンムは意外と使える場面があるのではないかと思います。

例えば、彼氏、彼女と一緒に泣ける映画やドラマを家で見ている時。ふと隣を見ると彼氏、彼女の頬を涙がつるり。

そんな時に「ヌンム」と涙を指で払ってあげると2人の距離がぐぐぐぐっと近づくかもしれませんね(あくまで『かも』です)。

『泣きそう』はちょっとした会話の中でも結構使えると思うので、ぜひぜひここぞという時に使ってみてください☆

韓国語で『泣きたい……』『泣きたいよ……』のご紹介~♪

『泣きそう……』的に使える言葉としてもう2つご紹介します。

まず1つ目がこちら ↓ ↓

泣きたい……

ゴ シタ……

울고 싶다……

そして、もう1つがこちら ↓ ↓

泣きたいよ……

ゴ シポ……

울고 싶어……

この2つの言葉も普段の会話の中で結構使えるのではないかと思います。

僕の場合は使う場面はとても多いですが、ここら辺の言葉は使いません。使っても逆にふぎゃぁっ! と襲われるだけですからね。

でも逆に妻はわりとここら辺の言葉を使います。

うちの妻は怒りだけでなく、喜怒哀楽すべてにおいて激しいので、感動するテレビ番組(特に動物もの)を見てウルウルしている時も結構あります。※恋愛ドラマでは絶対に泣きません。1人で突っ込みまくっています※

そんな時にウコカッタが飛び出ますし、体が疲れて大変な時なんかには、僕といるから余計に大変だ……、あぁ、ウゴシポ……、みたいに使ったりもします。

なかなかに人の心を貫こうとする言葉ですが、今となっては、そういう言葉は絡んで欲しい合図と考えて、「こっちの台詞だ」と小声で返しています。するとやっぱり襲ってくるので、そこでやられてあげると、妻は満足げに笑い、疲れのことなど忘れたかのように活き活きと過ごし始めます。僕はそんな妻を見て、ふふふふ、と1人心の中で笑います。

うちの妻のように使う方はいないと思いますが、そんな使い方をする時は冗談とわかるように言ってくださいねぇ♪

ということで今回は『泣きそう……』『泣きたい……』の韓国語バージョンのご紹介でしたっ!



sponsor link

-悲しみ・不安

Copyright© これでOK!韓国語 , 2019 All Rights Reserved.