不満

韓国語で『ケチ』はこう言います。

投稿日:2019-03-02 更新日:

韓国語で『ケチ』はこう言います!

今回ご紹介する『ケチ』の韓国語は、僕がよく妻に言われる言葉です……。
ケチと言われている人間が自分で言うのもなんなんですが、僕は決してケチなんかではありません。

そう。

僕からすると、僕にケチという妻が欲張りでワガママなのだと思うのです。

↓こんなくだりからもわかって頂けると思います。

妻「ねぇねぇ。すっごく可愛い服を見つけたんだ」

僕「ほう」

妻「プレゼントしてくれない?」

僕「……」

妻「私にプレゼントしてくれない?」

僕「……」

妻「ケチ!(の韓国語)」

いかがでしょうか?

僕はケチなんかではないと思う理由をわかっていただけるでしょうか。

……わかっていただけないと悲しすぎるので、とりあえずわかっていただけたということにして、今回の言葉のご紹介に移りたいと思います。

それでは今回ご紹介するのはこちらになりますっ!

ケチ

クドゥセ

쇠!

発音的にも難しくはないので、使い時にさっと使えると思います。

僕の妻のように心の叫びか! といったような本気の使い方ではなくても、会話の中でのちょっとした突っ込みとしても使えますので、恋人がいる方はこのクドゥセで愛がより深まることもあるかもしれませんね。

あっ!

ちなみにクドゥセのクドゥ(구두)。これは靴を表すクドゥと同じです。

靴(クドゥ)구두

韓国語の参考書には靴をこのクドゥで紹介している場合もあれば、シンバ 신발として紹介していることもあります。

しかしクドゥとシンバルではちょっと意味合いが違います。

クドゥは基本的にスーツや制服に合わせる革靴のことを指します。つまり限られた種類の靴を指す言葉です。

シンバは逆に一定の種類を指すのではなく、履き物としての総称なので、履き物全てに使うことができます。

このシンバには運動靴(スニーカー)を指すウンドンファ(운동화)も含まれているので、靴について学ぶのであればまずはシンバと覚えておくと良いと思います。

と、話はクドゥにも広がってしまいましたが、今回はケチを指すクドゥセについてご紹介しました。

日常の何気ないシチュエーションでポイポイッと使って頂けたらと思います。

-不満

Copyright© これでOK!韓国語 , 2019 All Rights Reserved.